【九段ランチ日記】ドゥエイタリアン

Text : はぎはら
2015年02月16日
2861B025-176D-494F-8900-B9C0106944A4.jpg


先日の朝日新聞に九段のラーメン屋さんの記事が載っていたので、思わず行ってみました。
ドゥエイタリアンというお店です。
 会社の近くだと思っていたのですが、少々、遠いです。
たぶん、10分以上は歩いたような気がします。 靖国神社の近くです。
店名から、イタリアンのお店がラーメンも出しているのかなと思ったのですが、完全
なラーメン屋さんでした。
いただいたのは、新聞にも紹介されていた、「らぁ麺フロマージュ」。
 写真の、チャーシューのようにも見えるしろっぽくて丸いもの、これ、ゴルゴンゾーラチーズ
入りのクリームチーズなんです。
塩ラーメンとチーズという組み合わせが何とも不思議ですが、これが意外にもかなり美味しくて、満足でした。
上品なお味。
さらに、麺を食べ終わる頃にご飯が出てきます。
これをスープに入れて、食べるわけです。リゾット風。
このラーメン、味付けがとても上品なんですが、具がチーズだけ(ネギが少々入ってます)でボリューム的にも上品です。
最後にご飯が出てきますので、カロリー的には十分なのですが。
学生さんだと満足できないかも……。
別のラーメンメニューも、近々食べに行かなくては。


ドゥエイタリアン (Due Italian)
 千代田区九段南4-5-11 富士ビル 1F

『デスゲーム 新・傭兵代理店』

Text : もん
2015年02月13日
先日、大変いたましい事件が起こったことで記憶に新しいイスラム国(ISIL)。
かの地で、かの組織との対決を描いたフィクション、アクション小説である『デスゲーム 新・傭兵代理店』が2月9日、発売されました。
多くは、語りません。
ただ、戦争の悲惨さ、かの地の現状を、しっかりと描いた一冊だと思っております。
多くの方に読んで頂き、考える一助となれば幸いです。
勿論、アクション小説としても、面白い、手に汗握る傑作だと思っております。
是非、お手に取ってみてください。

デスゲーム 新・傭兵代理店 (祥伝社文庫) -
デスゲーム 新・傭兵代理店 (祥伝社文庫) -

『にわか芝居 素浪人稼業』発売!

Text : もん
2015年02月12日
お芝居は素晴らしい!

急に申し訳ございません。先日『にわか芝居 素浪人稼業』/藤井邦夫先生が発売されまして、それに感化されて、ミュージカル映画を見たものですから。
『にわか芝居』は素浪人の矢吹平八郎が様々な仕事を請け負い、心の交流を描きながら、見事事件を解決する、という「素浪人稼業」シリーズの第11弾です。

にわか芝居 素浪人稼業 (祥伝社文庫) -
にわか芝居 素浪人稼業 (祥伝社文庫) -

表題の「俄芝居」は、平八郎が旗本の嫡男のフリをして、余命短い当主を前に、その座を狙う叔父を退治すべく旗本の長女と共に戦うお話なのですが、平八郎が旗本!?というコメディな所もありながら、さて芝居が一番うまかったのは誰か、などと考えさせられる、ひと粒で二度美味しいお話となっているので、是非お楽しみください!

お芝居、ミュージカル、は、人生の妙を切り取り、強調してくれるから、面白いのかもしれません。
そんななかでも強調し過ぎのミュージカル映画『愛と誠』http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=341713(これを見ました)。
売れる前の斎藤工さんの演技や、伊原剛志さんによる『オオカミ少年ケンのテーマ』。見所満載なので、こちらもお気に召されましたら。
お芝居の楽しさを味わえるこの二作、寒い日にお家の中で、お勧めです!

ちなみにうちの奥さんは、ミュージカル部だったそうです!