『くるすの残光 天の庭』発売!

Text : もん
2015年02月10日
広島いいとこ一度はおいで!

338.JPG

広島は、実は酒どころです。今話題の朝ドラ「マッサン」の生まれも、広島の竹鶴酒造ですね。
私が酒好きなのは、生まれの問題もあるかもしれません。
そんな広島も舞台の、『くるすの残光 天の庭』/仁木英之先生が昨日に発売となりました。

くるすの残光 天の庭 -
くるすの残光 天の庭 -

切支丹忍者が、幕府の黒幕・天海を相手にきったはったの大乱闘!
特に今巻は、天草四郎の七つの聖遺物≠セけでなく、古来から伝わる三種の神器≠ワで関わってきて、とにかく派手な、興奮の一巻となっております。
是非、お楽しみください!

仁木さんとは広島取材をしまして
324.JPG
331.JPG
431.JPG
By2FdFwCQAABC-M.jpg
瀬戸内を巡ったりしましたので、そんな空気も感じてもらえたらと思います。
決して、私の地元だから行ったわけではありませんよ!

ちなみにうちの奥さんも酒好きですが地元は東京です!


『俺の女課長』/草凪優、発売!

Text : もん
2015年02月09日
担当編集、異動希望!
俺の女課長.jpg
という文字の踊るPOPを作りました、『俺の女課長』/草凪優先生が本日発売されました。
超高級マッサージ機を3ヶ月で100台売らなければ左遷、という難題を突きつけられたプロジェクトチーム。しかも、集められたのは問題児ばかり……。
そんな彼女たち(主人公男1+女2)が「泣き虫課長」に引っ張られ、ノルマ達成のためにあれやこれやをする、企業エロスの決定版です。
俺の女課長 (祥伝社文庫) -
俺の女課長 (祥伝社文庫) -
「島耕作」的男が女性に助けてもらうサクセスストーリーを、などとプロットの段階では話していたのですが、そこは草凪先生、一筋縄ではいかず、担当編集もビックリの展開に。草凪先生いわく、「正直者なので自分だけいい思いをしているのはしのびない」のだそうです。草凪先生のご発言の真意は、ぜひ本書でご確認ください!

弊社は美人揃いで有名なのだそうですが(手前味噌で申し訳ございません、はぎはらがそう申しておりまして……)、そんな私ですら異動したくなる夢の職場。是非是非、楽しんでください。

ちなみに担当編集、家庭内異動は希望いたしません!

元気ー?

Text : まっつん
2015年02月06日
ご無沙汰しております、まろです。
ご無沙汰すぎて、自分でも前回いつ更新したのか分かりません。
ていうか誰やねん、って思いませんでしたか。
僕も気付きませんでしたが、ここでは「まっつん」でした。
最近「まろ」があだ名として定着して、ついつい名乗ってしまいました。

先々週ですが、会社近くの武道館でシンディ・ローパーの来日公演を見てきました。80’sポップの金字塔『シーズ・ソー・アンユージュアル』の30周年を記念したツアーです。
数年前のサマソニで見たときも思いましたが、シンディは恐ろしいほどパワフル!
もう還暦すぎてるんですよ。なのに、客席に降りてきては、こぶしを突き上げながら、全席指定の誰かのパイプイスの上に立って歌うんです。あの声で。

いやはや、しびれっぱなしでした。

件のアルバムからも「ウェン・ユー・ワー・マイン」以外は聴くことができましたし(ただこの曲大好きだからちょっと悲しい)、話題のミュージカル『キンキー・ブーツ』の曲もやってくれました。
なにより2ndアルバムから「チェンジ・オブ・ハート」、そして永遠の名曲「トゥルー・カラーズ」をジョン・レノンの「イマジン」とともに弾き語りでやってくれたのがうれしかったです。

公演中、シンディは何度もオーディエンスに向かって、
「元気ー?」と日本語で投げかけていましたが、
一番元気だったのは間違いなくシンディ。
僕らもその元気を分けてもらえた幸せな時間でした。

そんなシンディのように元気の出る小説をご紹介します(あれ、このパターンは……)

*『日本レンタルパパの会』竹内雄紀著*

10919019_739235949516671_4892280153400267350_n.jpg

カバーからして元気が出そうでしょう?
それぞれ家庭に悩みを抱えるダメパパ3人が、自らをパパとしてワケあり家族にレンタルし、「しあわせな家庭」を再生していく“エンタメど真ん中”笑いあり、涙あり!のドタバタ奮闘小説です。

〈日本レンタルパパの会〉のメンバーはこんな人たち!

○夢野王司(ゆめのおうじ):
35歳にして超一流商社の課長を務めるスーパーエリート。
お坊ちゃま育ちのため、家事×育児×でどこかズレている。

○波平昭平(なみひらしょうへい):
実年齢38歳、見た目60代で、ついたあだ名は “ナミヘイさん”
なかなか理想のパパだと自負するも、クリスマスイブに妻と娘に逃げられる。

○赤富士司(あかふじつかさ):
総務部お客様相談センターに左遷され、謝ってばかりのエセ関西人。
その事実を告げられず、家族との微妙な距離感に悩んでいる。

――――
著者の竹内さんとは長い間やり取りをさせていただいて、やっと形になった作品です。
本日搬入なので、明日(2015年2月7日)からは書店さんに並ぶかと思います。

とくに元気が欲しい方は手にとってご覧ください。

もうすぐ24歳にして、元気が欲しいまっつんでした。
ではまた(できれば近々)お会いいたしましょう。

日本レンタルパパの会 -
日本レンタルパパの会

↑アマゾンでもご購入できます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。