個人情報の危機(?)

Text : 祥伝社文庫編集部
2013年02月05日

こんにちは。

数年ぶりに万年筆を使うようになり、

字が上手くなったかのような錯覚に陥っているY子です。

最近、忘れた頃にパラパラと迷惑メールが来るなーと

思っていたのですが、

ついこないだ来たのがコレ。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

突然のご連絡失礼致します。


この度、総合情報サイト運営管理会社より依頼があり、弊社で身辺調査を行う運びとなりました。

伴いまして、個人情報保護法に基づきこの通達を事前通知とさせて頂きます。

しかし、インターネット関係におけるトラブルの場合、

電子消費者契約法の救済処置に基づく対処が行える場合があります。

詳細確認、和解、ご相談をご希望される際は、弊社総合窓口へ【顧客担当者名・顧客番号】を

ご確認の上、ご連絡頂けますようお願い致します。
 

↑   ↑   ↑   ↑   ↑

と、こんな本文で、末尾には

ご丁寧に、会社名と電話番号、顧客担当名・顧客番号・受付時間まで

書いてあるというシロモノ。

読み返してみれば、

万が一本当だとしても、私の身辺調査をするなんて何てモノズキな・・・

ちょうどいいからブログのネタにしちゃおうー

とかなんとか思えますが、

最初に読んだ時は、ドキッとするし、何より気持ち悪い!

調べたところによれば、末尾の連絡先に電話をすると

「和解料」と称したお金を振り込めと指示されるとか。

こういう、人の弱みにつけ込むタイプの迷惑メールは

本当に嫌ですねえ・・・

まだ出会い系やら「あなたに遺産を譲りたい方がいます」やら

「国民的タレントがあなたと話したがっています」やら

の方がマシに思えるような・・・いや、全然良くないですけども。

 

他に最近は「電池が長持ちするアプリのご案内」と称した

迷惑メールもありますし、

敵もどんどん新ネタを繰り出してきていることには

ある意味感心するような、しないような。。。

皆さんくれぐれもご注意を!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。